ちと旅に行ってきました

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸巡り(3)

<<   作成日時 : 2017/05/24 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

岩櫃城→八ッ場ダム→長谷寺(旧真田町)→自宅

終わったと思っていたら、まだ続きがあった真田丸巡りの話です。


国道145号を草津方面へ進むと山の中に入ってきました。道の駅八ッ場ふるさと館というのがありましたので、ここで休憩をしました。

八ッ場はテレビのニュースでもよく取り上げられている、ダム建設予定地です。 

画像


道の駅のすぐ裏側がダムの建設現場で橋の上から見学ができるようになっています。天気も良いのでちょっと行ってみました。



画像


この橋は不動大橋という名称の橋です。新しいのできれいです。

画像


写真の上を通っているのが国道145号で、吾妻線の旧線跡も見えます。川の近くには重機が駐められていました。連休中は工事は休みのようです。

画像


ここから見える八ッ場ダムの景色の説明版が何カ所かに設置されていました。これから少子化で人口が減ることがほぼ決まりの状態で、新たにダムを造る必要があるのかなとも思うのですが、ここもやがて水に囲まれた景色に変化します。


画像



正面に見えるのが八ッ場大橋で、川原湯地区と川原畑地区を結ぶ端です。

画像


付け替えた後の新しい吾妻線の線路が見えてきました。川原湯温泉駅も歩いて行けそうです。

画像


橋を渡りきった所に薬師堂というお堂があります。ここで折り返して道の駅に戻ります。

画像


薬師堂の近くには不動の滝があります。紅葉の時期に来ると良さそうです。


画像


帰りは左側を歩きます。今歩いている不動大橋は、道の駅に置いてありましたパンフレットによりますと、世界初の「銅・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋」だそうです。素人にはよく分かりませんが、最先端の技術を使用して作られた橋のようです。

画像


軽井沢・草津方面の眺めです。周囲は山々に囲まれています。

画像


工事用に作られたと思われる橋と吾妻線の旧線の線路が見えます。この橋の手前に検問所のようなのが有り、橋を渡る車は一度、ここで停車していました。ややこしい時代ですので、平和な日本の山奥でも厳重なチェックが行われているようです。

画像


道の駅に戻り、昼食がまだでしたので山菜そばを食べました。この道の駅では八ッ場ダムカレーというのが売りのようで、カレーを食べている人が多かったです。





時刻は15時なろうかというところですが、八ッ場地区から上田の手前の旧真田町までは約50kmで、暗くなる前には上田市内に着きそうですので、予定通り上田方面へ向かいました。

長野原で国道144号に入り、山道を走ります。・が入る駅名として有名な万座・鹿沢口や吾妻線の終点の大前の近くを通り、軽井沢・上田方面へ進みます。吾妻線は20年以上前に18きっぷで往復して以来乗っていませんので、新たらしくなった区間の見物を兼ねてまた乗ってみたいです。

大前を過ぎると道が細くなり、上り坂が多くなってきました。軽井沢へ向かう有料道路の案内坂があり、やっぱり帰ろうかなと思ったのですが、とりあえず上田を目指します。この道は真田街道と呼ばれ、昌幸の時代の真田家の人も同じようなルートで岩櫃と上田を往き来していたようです。

鳥居峠を越えると長野県に入ります。今回は軽自動車での峠越えですので、少しきつかったですが、同じタイミングで走っていた車のほとんどが軽自動車でしたので、煽られることもなく、スムーズに峠を越えることができました。

菅平からの道を合流し、更に進むと旧真田町の市街地になります。真田街は真田丸が放送されていた2016年の2月に上田からバスで来た地域で、帰って来たという気分になります。

真田町横沢から県道4号に入り、長谷寺に行きました。


画像



八ッ場を出て約1時間で長谷寺に到着しました。長谷寺は真田幸隆と昌幸のお墓があるお寺です。


画像


最初に本堂をお参りします。

画像


本堂の横の道を進むときれいに手入れされた庭があります。

画像


庭から更に奥へ行くと幸隆・昌幸のお墓があります。

画像


説明板です。幸隆は日曜日に放送されている風林火山で詳しく取り上げられていて、5月中旬に放送された回に、佐々木蔵之介が演じる真田幸隆が登場しましたので、現地の様子を思い浮かべながらドラマを観ることができます。

画像


お賽銭が六文銭の並びで置かれていました。

画像


帰りに鐘を鳴らして駐車場へ戻りました。

画像


前回、真田町へ来た時は、2月でしたので5時を過ぎると暗くなっていましたが、5月ですとまだ明るく、周辺の山がよく見えます。

前回はバスを降りた幸村工房から汗をかきながら歩いた真田城跡や屋敷跡の近くを通り、あっという間にバス停のある国道144号に出ました。

上田菅平ICから上信越道に入り、途中、渋滞した箇所もありましたが、ほぼ予定通りの所要時間で茨城の自宅に着きました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真田丸巡り(3) ちと旅に行ってきました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる