ちと旅に行ってきました

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩宿遺跡

<<   作成日時 : 2017/03/11 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月11日(土)

13年間乗って来た車に替わり、新しい車が納車されました。今回はダイハツのタントです。デミオ、CR-Vと乗り継ぎ、3台目で初めて軽自動車に乗る事になりました。納車されてからあまり乗っていませんので、運転に慣れる為に少し距離のある群馬県の岩宿へ行って来ました。

行きは圏央道(つくば牛久IC)→常磐道→北関東道(太田桐生IC)を走り、約2時間で岩宿遺跡へ到着しました。本当は圏央道の久喜経由で東北道を通り、北関東道というのが早く着けるルートのようです。軽自動車で高速を運転するのは初めてで、坂道が弱いなと感じましたが、左車線を走っている分には問題はありませんでした。高速は年間に数回しか乗りませんので、これで十分です。

画像



画像


まずは岩宿博物館を見学しました。ガイドさんが案内をするサービスもあったのですが、時間があまりありませんので、ガイドなしで見学します。館内は発掘された石器や遺跡についての解説が書いてありました。地層の解説もあり、ブラタモリなんかで取り上げられそうな内容でした。

画像


博物館の前には池があり、春になると桜が咲くようです。カタクリの群生地にもなっています。すぐ近くにはカタクリの湯という名称の日帰り温泉施設も有り、岩宿ではカタクリを売りにしているのが分かります。

画像


博物館の少し先に実際に調査が行われた岩宿遺跡があります。

画像


岩宿遺跡の発掘で有名な相沢忠洋氏の像がありました。歴史の教科書にも出て来る人です。

画像


この碑がある付近が最初の調査地点になるそうです。

画像


画像


歴史に興味が無い人でも名前だけは知っている岩宿遺跡ですが、テレビなどであまり取り上げられる機会がないのが少し残念な気がします。それでも有名な遺跡ですので、見学に来る人が結構いました。

画像


岩宿ドームです。こちらでは石器についての映像や関東ローム層の実物を見ることができます。

画像


駐車場から展望台へ行くことができる道がありましたので、ちょっと行ってみました。

画像


やや急な坂道を登ると鳥居があります。

画像


画像


画像


鳥居の先の行き止まりが大間々扇状地展望台になります。

画像


すぐ近くを国道50号が通っていて平野部になっていました。眺めが良いです。

画像


一度、駐車場を通り越し、稲荷山へ行きました。ここは遺跡の発掘が行われた山です。

画像


急な階段を登ります。

画像


鳥居の先が稲荷神社です。

画像


神社に到着。稲荷山の標高は191.4Mで、遺跡がなければただの山なのですが、遺跡が発見されたことで、一躍有名な山になりました。神社の周辺もカタクリの群生地になっていて立ち入り禁止になっていました。

駐車場に戻り、家に帰ります。帰りは高速ではなく、国道50号や125号を走りましたので、行きの倍近くの時間をかけて自宅に到着しました。

慣れない軽自動車の運転でしたが、2時間くらいの距離であればなんとかなりそうな感じでしたので、少しずつ慣れるようにしたいと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩宿遺跡 ちと旅に行ってきました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる