ちと旅に行ってきました

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017冬 台湾旅行〜高雄・台南・阿里山〜(10)

<<   作成日時 : 2017/02/14 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4日目A 嘉義→(阿里山森林鉄道)→奮起湖

画像


嘉義から阿里山森林鉄道に乗り、奮起湖へ向かいます。

画像


嘉義を出てしばらくは市街地を走ります。

画像


座席にはドリンク置き場(フォルダ)が設置されています。台湾のホテルに宿泊すると、ミネラルウォータがサービスで付いていることが多いのですが、このミネラルウォータが私には合わなかったようで、少しおなかが痛くなったりしましたので、2日目からスポーツドリンクやカルピスウォータに切り替えると調子が良くなってきました。海外の食べ物や飲み物は体に合わない物もありますので、切り替えが大切です。

画像


始発の嘉義駅は街の中心の雰囲気がありましたが、少しずつ畑や田んぼが増えてきました。

画像


映画のKANOでもこんな感じの景色が出ていました。

画像


小さな川を渡ります。線路沿いには森林鉄道の走っている姿を撮ろうとカメラを構えている人の姿が目立ちました。

画像


画像


嘉義から約40分で沿線の中では比較的大きな竹崎に到着しました。構内には古い車両が停まっていました。ここから本格的な山登りが始まります。

画像


線路に沿うようにある道路も車が減ってきました。

画像


標高も高くなり、山の中に入ってきました。天気が怪しくなって来ましたが、まだ景色を楽しむ事ができます。

画像


山岳地帯を走る鉄道は、カーブにかかると先頭の機関車や車両が見えて、汽車旅の楽しさを増しています。

画像


これは茶畑でしょうか

画像


古い橋が見えてきました。

画像


画像


阿里山森林鉄道は終点まで乗り通す人が多かったのですが、途中駅での乗降も多かったです。

画像


集落に入る度にお寺を見たように感じました。

画像


この建物は駅舎です。本数が少ないので難易度が高いですが、機会があれば途中の駅で下車したくなるような景色が続きます。

画像


画像


山深くなってきました。台湾語ですので何を言っているのかは分かりませんでしたが、車掌さんがマイクで沿線の案内をしています。大井川鐵道の車掌さんが沿線の見所を案内しているようなイメージです。

画像


2時間20分の乗車時間はあっという間に過ぎ、12時20分に終点の奮起湖に到着しました。普段見ることができない山岳地帯の景色を観ることができましたので、苦労してチケットを入手したかいがありました。

画像


奮起湖は1時間前に到着した毎日運行の1列車のお客さんもまだ残っていて賑わっていました。

画像


本来の終点はもう少し先の阿里山なのですが、災害区間がまだ復旧していませんので、現在は奮起湖が終点になっています。

嘉義へ戻る列車は14時発で時間があまりありませんが、せっかくですので奮起湖駅周辺を散策しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017冬 台湾旅行〜高雄・台南・阿里山〜(10) ちと旅に行ってきました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる